伊丹市の鍼灸院 稲野治療院 無料相談も承っております。

パニック障害

めまい

HOME >  代表的な症状  > めまい

めまいはさまざまな原因によって起きます。回転するようなめまい、

フラッとするようなめまい、いずれにしても、めまいが頻発するようであれば

先にやはり専門医の診察を受けてください。検査で脳内の問題がなけれ

ば東洋医学の出番です。

 

急性のめまい

日常時々、振り向いた時に起こる軽いめまいや、立ち上がったときに

起こる軽いめまいは、多くは一過性で、軽い疲れからくることが多く

それほど気にしなくてもいいと思います。

疲れを取っていけば起らなくなるでしょう。

そうでないめまいには急性のものと慢性のものに分けられます。

急激に来るきついめまいの代表は、メニエル氏病があります。

急激に発生して「天井がぐるぐるまわる」という表現をされます。

耳鳴り、難聴なども伴う時もあります。

慢性のめまい

慢性のめまいの特徴は、気分が悪くなる様なめまいが頻発する

ようなときです。このようなめまいは検査で脳内の問題がなければ、

多くは内耳の問題になってきます。

内耳の中の三半規管というところに問題がありめまいを起こすの

です。問題といっても何かができているとかではなく、調整機能が体質的

に弱いのです。

そのような方は、話を聞くと小児のころから乗り物に酔いやすく、大人に

なっても揺れる物などに弱い傾向にあります。そこに肉体的疲労や

精神的疲労が重なるとめまいが頻発して来るのです。

鍼灸治療の適応

 急性のめまいの場合多くは西洋医学の病院に行き点滴の治療になります。しかし難聴を伴っている場合、難聴が後遺症として残ることが多いです。

鍼灸治療も併用すると回復が早いだけでなく、難聴の後遺症も残りにくいように思われます。しかし早期に治療を始めなければやはり難聴が残ります

 慢性のめまいの場合、少し時間がかかりますが、ストレスや疲労を取り除いた後、体質改善の治療をしていくことで、かなり改善されます。後は疲れをためないよう予防的に治療をしていきます。

東洋医学的な診察により診断し治療していきます。

めまいの場合、体質的なところに、精神的ストレス(気の停滞)や、肉体的疲労(気の不足)が乗り重なり発症します。まずストレスや疲労を取り去り、その後体質を強化する治療を行い、症状を改善していきます。

 治療はその人の状態に合わせ加減していきます。気の停滞には鍼治療を施し、気の不足にはお灸をしていきます。しかしどちらも気持ちいい程度の刺激です。特に状態のひどい時などは、1~2本の鍼しか用いない時もあります。

東洋医学の鍼灸は軽い刺激で効くのです。

当院での症例

60歳 女性 (尼崎市在住)

1月の中旬に、ふらつき、眩暈、食欲不振、不眠、血圧の不安定、耳鳴り、体のしんどさ、だるさ、などが現れ体重が8kg減る。色々検査をしても異常なし。行きつけの内科で、血圧、胃の薬と睡眠薬を処方してもらった。

ましになっていたが、7月中旬に再び症状が悪化。向精神薬など、薬を飲みたくなかったので、心療内科に行く前に妹さんに勧められて来院。

2回の治療でめまいがましになる。7回の治療で胃腸の調子も良くなり、各症状も安定していた。気を抜いてしまいハンバーグを食べると腹痛と数回下痢に・・・食に注意をしながらあと3回の治療で良しとした。

62歳 女性 (伊丹市在住)

症例1 56歳(初診時) 女性

初診時より5年前から顎関節症を患っている。あくびができない、発音が不明瞭、飲み込み困難、これらによる不眠などがあった。これに加え、1年前より両耳から液がのどに流れる、耳が痛い、めまい、耳鳴りが出現。さらに1か月前から特に左耳で自分の声が大きく響く、呼吸、咳の音がシュシュッと漏れたように聞こえる。とても不快で、音が響くと突然動悸がするなど気分が急に悪くなったり、話をする、食事をするときも辛い。

耳そのものに関しては専門医に診ていただいているので当院では「自律神経系の治療」をしていく方針。相当自律神経の弱りとバランスの崩れがあるので注意深い治療が必要だ。仕事を辞めようかと言っていたがやめずに治療することを勧める。週2回の治療を2か月続ける。調子が良かったり悪かったりしながら、4か月後にはよくなってきている実感が出てきた。ふらつきも少し良好、両耳の通気もよく通り、耳鳴りも減少しつつある。めまいはまだ少しある。5か月目に入ってから仕事で2週間空いてもめまいがきつく辛くてもその後は良くなってきたものの、治療を空けると症状がぶり返す。

症状がぶり返す前に前に手を打つようにしていかないと治癒には向かえない、と本人もわかったようで、週1回を決められました。その後冬に入っていくのでひどくならないようにしていく。1年を過ぎたころ、顎関節症の症状がなくなる。訴えが、ふらつき、左耳の調子、めまい、耳鳴りになる。週1回にしてから4か月後、週に1~2回楽な日が出てくる。良い日がちょくちょく出ながら8か月目に手のこわばりが出現。その1か月後にかかとの痛みが出る。10か月後はふらつきはあるものの元気は元気、自転車に乗るのか気持ちいいとのこと。

2回目の冬が来るので悪くならないようにする。仕事関係が大変でストレスが今まで以上にかかり、治まりつつあった両耳鳴りと、水が出る感じが出現。その後も週1回を続け初診から丸3年で月2~3回、丸4年で月2回、自分の調子で来院。その後も仕事も定年まででき、さらに2年勤務できた。現在月1回の予防で来院中。