9月 2015 のアーカイブ

暑すぎた夏からの涼しい今

寒いとか暑いときは、以外と緊張するので、身体もシャキッとしてる感じがありますが、疲れはたまっているようです。

それがわかるのは、この涼しくなった今なんですね。

ちょっと神経も筋肉も関節もゆるくなってくるんです。

これが夏バテというものなんでしょうね。

ぎっくり腰をおこしそうとか、体がなんだかだるいとか、今から食欲の秋なのに胃が・・・とか症状として出てきます。

風邪もひきやすくなるのでご注意を

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

胃に負担をかけると

暴飲暴食はもってのほか。

胃に負担をかけると、自律神経が病んでくる。

特に自律神経系の症状が出ている時は、ちょっとの食べ過ぎで、体調を崩してしまいます。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

10月の診療と休診

カレンダー通りと、誠に勝手ながら、16日(金)を臨時休診します。

福山雅治さんが吹石一恵さんと結婚しましたね。おめでとうございます。

それはさておき、気温の差が激しいこの時期、風邪をひきやすいのでご注意ください。そして最近の風邪は終盤の咳が取れないというのが特徴です。ひかないのが最大の防御! 頭寒足熱です。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

神経痛ってそこをさすっても・・・

神経痛と言うのは痛いところが悪いわけではないことが多いです。

しかしながら痛みの出ているところをさすったり冷やしたり温めたりしたくなるんですね。でもそこが悪いわけではないのでうっかりすると、そこを痛めて炎症を起こすことになるかもしれません。

そうなるともう痛くて痛くてたまりません。痛みの大本も治らないうちに新たな痛み。日常生活もつらいですね。

痛みが出たら自分で何とかしようと思わずに専門家に診てもらいましょう。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

朝のほうじ茶の勧め

今話題の小林弘幸先生の自律神経の話で、お腹の調子をよくすることが自律神経の調子を良くするという話。

その中で朝起きたらコップ一杯の水を飲みましょうというのがあります。水の重みで、胃腸を動くようにするのが目的の様です。

でしたら、温かいほうじ茶か、白湯をお勧めします。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ホームページ更新

ホームページを少し更新しました。

起立性調節障害の症例と、患者さまのお声3。

そして新たに、「生理痛」のページも作りましたので悩んでいらっしゃる方のもお知らせください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円