3月 2015 のアーカイブ

耳鳴りと鍼灸治療

鍼灸治療をしていると、患者さまによりますが、

耳鳴りそのものが小さくなったり、

体に元気が戻ってくると、

耳鳴りが気にならなくなっていくようです。

耳に症状が出るのは、病としては深いところにあると言われていますが、少しでも楽になってくださるととてもうれしいものです。


春は

我慢のしどころ。

季節の変わり目は色々症状が出たり、変化があります。

特に春はきついです。

ここは我慢のしどころです。


ムズムズ

今週は気温が上がり、春めいています。うっかりすると夏の気温になりそうです。

こんな時は、なんだかふくらはぎや、背中などがムズムズする方もいらっしゃるでしょう。

春のせいにしときましょう。自律神経のバランスが整い、強くなればそんなことも少なくなります。

来週は2月下旬くらいの寒さになるそうです。風邪に注意ですね。


元気な人は食べろという

病気の人に、食べないと元気でないわよ!という人は、元気な人です。人のことなどわかっちゃくれません。

食べたくない、食べれない、おなかはすくのに食事を見たら気持ち悪くなる、食べたら体調が落ちるなどを訴える時は、消化にエネルギーを使えない状態です。

消化の良い物、栄養ゼリーなどで胃腸に負担をかけない方がいいです。


お肉を食べる老人

お肉が好きで、お肉を食べる老人って元気よね~だから私もお肉を食べて元気な老人になる!とお思ってる方も多いでしょうが、

お肉を食べれる肉体、胃腸を持っているから元気なんです。


老化が原因なのに

明らかに老化現象であるのに、原因を違うところに探して、

治そうと思って、ちょっと無理をしたり、間違えたリハビリなどをして、反対に老化を進めてしまうことがあります。

老化です。とは言われたくないでしょうが、明らかに老化の場合無理はせず、これ以上進まないようにすることが大事です。


乱れてくるかも、自律神経

秋、冬で調子が上向きだった体調が、崩れやすいのが春。

 

 

木の芽立ち!と言って昔から体調が崩れていくころをこういう。

 

 

気候や、気圧などの影響があるとも考えられている。

 

 

関節も神経も粘膜もなんだかゆるゆるになるようです。


知ってください、小児はり

乾布摩擦や最近耳にするベビーマッサージと小児鍼の違いは、

患者さんによって、経絡(けいらく)や経穴(けいけつ・つぼ)を選んで、使う道具(小児鍼)、を選んで、刺激量を考えて治療をするところでしょうね。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円