10月 2012 のアーカイブ

頭寒足熱と湯船

自律神経のバランスを整えるのに必要な生活習慣の1つです。

頭寒足熱。

頭辺りを涼しく、腰から下は暖かくする。

のぼせやすい人も冷え性の人も、血行が悪い人も、これを心がけてください。

湯船につかるのは、頭寒足熱の理にかなっています。シャワーでは足元、腰は温もりません。水圧の効果も言われてきています。夏でも週に3回くらいは湯船につかって下さい。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ダイエットの第一歩は決心すること

何故ダイエットをしなければならないかを明確にする必要があります。美容のためのダイエットは健康を損なわないように明確にします。

これがぼんやりしているようでは決心が鈍ります。

次に必要なのはまず何をするかです。カロリー計算をするのはめんどくさいけど、計算しなくちゃな~なんて中途半端な決心ではだめです。

私にできることは何かしらとじっくり考えて。1つだけ項目を決めて、いついつまでと決めて、実行するぞと決心をします。

例えば私の妻は、3週間甘い物断ちだけを決心していました。その間にカロリー計算の勉強を復習していました。運動はしないというより嫌いなタイプなので、運動はこれと言ってしていませんでしたが、自分の目標体重には落としたようです。女の執念かもしれませんが…

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

睡眠時間と睡眠時間帯

睡眠時間も大事ですが、睡眠時間帯も大事です。

睡眠時間は7時間くらい、睡眠時間帯は10時~2時。

睡眠時間を確保したいからと言って昼寝をぐっすり2時間取るなどを続けていたり、遅く寝て昼まで寝てしまうとかしていると、自律神経が弱ってくる可能性が大きい。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

甲状腺の何を知ってんねん!

すみませんいきなり怒ってしました。いいですか、みなさん。国家資格のない人がしている、足マッサージだとか、なんんちゃらソロジーとか、整体とか、カイロとか・・・・そのような人に「ここが痛いから甲状腺気を付けた方がいいですね」とか言われても、深く悩まないでください。気になるなら検査に行ってください。信用のある国家資格のある人に聞いてください。

そのストレスの方が体には悪いんです。それを深く気にしている患者さんがとてもかわいそうになると同時に「お前ら(口が悪くなってしまいます)甲状腺の何を知ってんねん!」と言いたい。

国家資格があり患者さんを診れるのは、医師、歯科医師、鍼灸師、柔整師、あんまマッサージ師です。最低でも3年(これでも僕は足りないと思っています)は勉強して国家資格試験を受けて、合格しています。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

水を飲め飲めという人もいるけど…

民間療法みたいなこととか、案外病院でも、(熱中症は別ですが)水を必要以上に飲め飲めという人がいますが、人によりますので注意してください。

飲みすぎて体を冷やしてしまう人もいるわけです。胃腸を壊す人もいるわけです。ましてや平熱が35℃台の人も増えてきています。さらに冷やしてどうすんねん。(もっと患者さんを診てほしいという残念な気持ち)

東洋医学には『水毒』という概念があります。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

自律神経系の病 食べれない、ふわっとする、出かけるのが怖いなど

食べれない、ふわっとする、出かけるのが怖い。

このような症状の患者さんはみなさんが思っている以上に多いです。このような症状を訴える患者さんも治療をしていくうちに、「お出かけしてみようかしら」とか「スーパーくらいならいけそう」とか「近場なら運転してみよう」とか思えるようになります。

そんな時はちょっとチャレンジしてください。疲れない程度に外に出てください。(ここ大事・・疲れない程度)

そして「このくらいなら食べれそうだし、食べたい」と思えるようになります。が、しかし!OKが出るまで、肉はだめです。ハンバーグでも駄目です。ましてや「食べ過ぎたかも」と思えるほどに食してはいけません。ここは非常に大事な所です。大事な所です。大事な所です!

基に戻るよ!(と少し脅かし気味でもいいかな。と思えるくらい大事です。)

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円