7月 2012 のアーカイブ

神経麻痺、神経痛と扇風機

体や顔に直接扇風機などの風を当ててはいけない。もちろん風だけが原因で、神経麻痺や神経痛になるわけではないですが、誘因の1つになりえます。

リスク回避として扇風機はあっちゃに向けて回すべし。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

空腹にビール

暑い日が続きますね。汗をかいて、お風呂でさっぱりして、ぐいっとビールを飲む。「くうううううう」至福の時ですね~。

がしかし!空腹にビールを飲むと、「くううう」ときているそのおなかの」「胃壁」からは、血液がじわああと出ているんです。出血しているんです。ダメージ大きいですね。

まずは付きだし、またはキャベツを食べましょう。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

猛暑のマークです。

気温が体温くらいか、それ以上に上がり、熱中症の危険性が高まるほどの、厳しい暑さになります。

550

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

熱中症対策には温度計

人は歳を重ねていくと、温度センサーが鈍くなる。30度を超えてても暑くないらしい。これは非常に危ない。水分を摂ってるから大丈夫・・にしても限度を超えています。

エアコンの温度設定も当てになりません。28度設定で、室温計が28度になったことがあっただろうか?

熱中症や夏バテにならないように、部屋には温度計と湿度計を用意しておきましょう。28~29度45%でお過ごしください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

睡眠計・・ぐっすり寝てるのは…

179_10_color1

これはオムロンの睡眠計です。僕、風邪を引いた妻、17歳のイケメンで試してみました。以外にも寝ているつもりが寝てなかったり、妻などは風邪を引いて寝苦しかったのか、「ぐっすり」が6時間の計測中9分しかなく、相当次の日は辛かったようです。さすがの17歳はほぼ寝ていましたし、「ぐっすり」も2時間近くありました。風邪を引いても一晩で治ってしまうわけです。自律神経そのものが(交感神経も副交感神経も)強いんだと思います。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

異常な食欲と自律神経のバランス

患者さんと話をしていて気が付いたことを書きます。検討します。

交感神経が過剰に緊張すると、それを抑えたいため、食事をして副交感神経を高めようとするのではないか。それでバランスを取ろうとしているのかもしれない。そのため結果、異常な過食となり体重のコントロールが難しくなるのだ。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

お腹の善玉菌だって…

ヨーグルトを食べてお腹の善玉菌を増やそうとしても、お腹がそれを受け入れる態勢でないと、反対にゆるくなってしまいますね。まずは善玉菌を受け入れることができるまで胃腸を強くしていきましょう。善玉菌だって居心地にいい所がいいんですね。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

こんなに変形してるのに痛くないんですか?

変形しているから痛いのではなく、痛いままにして炎症を治さないので、軟骨が破壊されて、変形するんです。痛みの原因は骨自体でなく炎症をほったらかしにしているためです。

炎症が治まって、変形もそれ以上進まなくなった患者さんの膝は曲がったままですが、痛みはないんです。僕が若い時は「こんなに変形しているのに、痛くないなんて、どういうことだ?」と疑問に思ったものでした。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

この時季に風邪?

「あ~夏風邪かも~」と両鼻の穴に「鼻ポン」を入れた写メ付きで、妻がメールを送ってきました。笑い事ではないですが、笑っちゃいます。

この時季に風邪は、案外ありです。日中は暑く、夕方は涼しいし、クーラーも付けます。このような気温変化は風邪を引きやすいです。梅雨時期ですので胃腸も弱らしてしまいがちですし、胃腸が弱るということは、自律神経のバランスが崩れてきているということなので、免疫力も落ちてきます。

こじらせないように睡眠をとりましょう。

「1に睡眠、2に睡眠、3,4.は『いらっしゃ~い』で5に睡眠」><

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

この時季つめたいの?

暑くなってきましたね。にもかかわらずこの時季、手、足、お腹がつめたいのは、副交感神経が弱ってるかも。ウンチは軟便になってませんか。もしかして左の肩が凝ってませんか?

こんな人は冷たい飲食はなるべく避けた方がいいです。梅雨は胃腸が弱ってきます。お腹を冷やさないよう、気を付けてください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円