5月 2012 のアーカイブ

準優勝しました

個人的なことですが、テニスの試合で準優勝をしました。

なぜ優勝ではないのか…準優勝が不満ではないのです。商品も持っていないバッグでしたし、ただ・・・最後の試合内容が気に入りません。

なんとこともあろうか、足がつってきたのです。頑張って続けていると次に手がつってきました。あっちに向けたらこっちがつり、こっちに向けたらあっちがつる。こんな状態では勝てる試合も(勝てたかどうかはわかりません)勝てません。

では僕はどうしたらよかったのでしょう。

塩分補給です。ミネラル補給です。いつも暑い日には塩や梅干を持っていくのに、朝から少しずつスポーツドリンクの薄めたのを飲んでいるのに。

今回はぬかってしまいました。

何処かに行く、何かする、という時はぬかりなく準備をしてください。これから熱中症にもなりやすい季節です、気を付けましょう。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

憎々しい肉

いえ、別に贅肉のことを言っているわけではありません。

先日BMIのことを書きましたが、標準体重なるものが存在するのは、それが体にとっていいことだからなんです。免疫力が落ちるより、標準的な体重があったほうが断然きれいなんです。

そんなことじゃなくて、牛肉というのは本当に消化が悪い。焼肉は好きですので食べますが、その後の屁や大便がくさい。全くそこん所が憎々しいのだ。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

側彎か側弯でないか

側彎気味ですね。若干曲がってますね。と言われている方がいます。

あるいは側弯してますね。と言われている方もいるかもしれません。

見た目、筋肉の付き方が違うとそう見えますが、背骨を見ていくとそんな程ではなかったり、背骨は曲がってなかったりします。

東洋医学では、体のバランスで診ます。例えばすべてではないですが、概ね胃腸系、婦人科系が弱い人は左側の筋肉や皮膚の弱りがあります。そうすると曲がったように見えます。ですから胃腸を強くするように治療や生活習慣を変えていけば、自ずとバランスがよくなっていくのです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

人に「やつれたね」と言われる

ごあいさつ…のようなものと考えて、気にしないことをお勧めします。

患者さんが治っていくいく過程で、変化があります。

波はありますがお灸の熱さが感じなかったのが感じてきたり、

ずたぼろで来院した方で「化粧もしたくない」と言ってた方が3回目にはファンデーションくらいは・・・といってつけてきますし、治療するごとにご自身では気が付いていませんが、さらにアイラインまでばっちりつけてきます。

少しやる気のエネルギーが増えてきていますし、気持ちも外向きになってきています。

「やつれたね」と言われても、治っていけば、「先生最近体重が増えてきて、ダイエットしないといけなくなるかも」とか言うようになってきます。

人に言われたことは、ごあいさつ…だと思ってください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

薬に不安がある

処方された薬に不安を持つ患者さんがいます。

説明書を読んだり、薬がわかる本、などを読んで、「どうして僕の症状にこんな薬が出るんだ!?」と思ってしまったり、

初めの病院でもらった薬でひどい副作用(幻覚、幻聴など)があったりすると、違う病院でもらった薬にも恐怖、不安を持ちます。

なぜ?どうして?変えてほしい。と思ったら医師に相談するべきです。

不安を安心に。

そして医師の勉強のためにもぜひ、相談をしてください。

でも先生、怒るし…それも正直に言いましょう。

「先生、怒るから正直に言いにくい」って。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

BMI(Body Mass Index)

 

身長(m)×身長(m)×22[BMI]・・・これが標準体重。

BMIの計算は、体重(㎏)÷身長(m)×身長(m)

25を超えると過体重、30を超えると肥満18.5を下回ると痩せすぎなのです。

女子同士の体重の告白は、信用ならないので、あの人のようになりたい、体重は何㎏?というのは気にせず、標準体重をキープしながら、適度な運動で体型を保つ、というのがいいでしょう。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円