9月 2011 のアーカイブ

デパス依存症?

 

デパスをはじめいろんな抗精神薬や、抗うつ剤があります。

最近医師は簡単にこれらを出します。

朝日新聞で「夜回り先生」というシリーズがありました。子供たちにこれらの薬が出回っているのです。逃れられなくなり自殺をする子もいた、とありました。

医師は「僕も飲んでいるから、軽めだから」と言って出しているようです。

これはにわかには信じられません。

僕の知人には、薬剤師さんや看護師さんもいます。

現場の方々に言わせたら、「あんな薬、飲みだしたら最後よ」なんですね。

僕は薬を否定しているわけではありません。必要だからあるわけで、

だけど、常用してもいけないんです。これをくせにすると、「依存症」になるうえ、治療の足かせになるように思います。自律神経が上がってこない感じですね。症状が「固定されちゃう感じです。

治療しながら、調子が良ければ減らしてもらえるよう医師と相談しんながら、少しずつ少しずつ、薬に頼らない、もっともっとよくなれば鍼灸にも頼らない生活を、人生を送っていただきたいと思いますね。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

四十肩・五十肩

四十肩・五十肩は老化の一種です。治療は局所の治療だけではなかなか治りません。局所の治療をする前に、老化=中医学では「腎虚」の治療をしないといけません。局所のみの治療ですと、逆に悪化をするかもしれません。どうしても家で何かをしたいというなら、急性期はストレッチなどするべきではないですが、慢性期には軽くストレッチをして固まらないようにしましょう。

しかしながら、「腎虚」を補っただけで、ストレッチもせずに治った方もいらっしゃるので、早めの治療をお勧めします。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

自律神経の病って頑張ってはいけないってよく聞くけど…

自律神経の病って頑張ってはいけないってよく聞くけど…

と知人から「本当はどう?」と聞かれました。

病になったときは、頑張りすぎたから、頑張らないで…といいますが、長い間頑張らないと緩みすぎて復活のめどが立ちません。

僕は、仕事を辞めたいという人や、仕事を復帰したいのに…と思っている人には「仕事はした方がいいです。」といいます。

緩みすぎてしまった人には、そろそろガンバル時間を作りましょうと勧めます。

自律神経系の病をよくしていくには、メリハリが必要です。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

長生きの秘訣

1日に,1~2回ひもじい思いをすること。

虫の実験で、満腹虫とひもじい虫に分けたら、ひもじい虫が50%長く長生きした。つまり、7日で死ぬ虫が10日以上長く生きた。ということ。

ひもじい時に自律神経が強くなっていきます。断食道場はそれを応用した療法なのかどうかは道場を運営しているお医者さんに聞いてください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円