自律神経系

パニック障害…予期不安のある人には

パニック障害のある人は、予期不安がある人が多い。今を生きるようにしてあげるのが良い。

予定や、先のことを考えさせないほうが体調に影響が少ない。

つまり、1週間後に来てほしいところがある場合、3日前あたりから、「〇日に△△に行けそうだったら行こうよ」ととても軽く誘ってください。当日「行けそう?」と誘ってください。

その日の体調によって変わります。行けるかもしれないし、行けないかもしれない。1週間前に誘われるよりも行ける確率は上がるかもしれません。わがままじゃないところをわかっていただくのが、症状を軽くしていくのにとても必要なことです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ゴールデンタイム、寝る子は育つ

夜10:00~2:00.これがゴールデンタイム。

育つためのホルモンや、病気が治るためのホルモンが良く出る時間帯に寝るのが良い。それがゴールデンタイム。

治療してもこの時間帯にぐっすり寝て頂かないといけません。

元気な大人でも最低2時間はこの時間帯でぐっすり寝ておいたほうが病気になりにくいように思います。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

水分の取り方

最近熱中症に注意するのに、水分補給を言われています。

気を付けないといけないことは、冷たすぎる水分。とても胃腸に負担をかけるので、摂り方に注意がいるようです。

運動をして汗をかくようなときは、若干冷たいのをぐびぐび行くのが良いが、普段は、常温で、朝からちびちび飲むのがいい。

うっかり注意を忘れがちなのが、果物や夏野菜。夏の果物や野菜は体を冷やします。単独で食べるのはちょっと胃にきついかも。生野菜は温かいスープやほうじ茶の後に、果物は食後に食べるのが良いと思います。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

小春日和がくせ者

少し寒くなって、冬に向かっていくのかな~と思ってたら、暖かくなりましたね。これが身体の調子を崩しやすい春っぽい気候。

この冬に向かっていく11月のあたりの春っぽい気候を小春日和と言いますが、自律神経のバランスを崩しやすくもあります。

先週から今週にかけて、え~なんで!調子よかったのに!?と思った方も多かったでしょうね。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

暑すぎた夏からの涼しい今

寒いとか暑いときは、以外と緊張するので、身体もシャキッとしてる感じがありますが、疲れはたまっているようです。

それがわかるのは、この涼しくなった今なんですね。

ちょっと神経も筋肉も関節もゆるくなってくるんです。

これが夏バテというものなんでしょうね。

ぎっくり腰をおこしそうとか、体がなんだかだるいとか、今から食欲の秋なのに胃が・・・とか症状として出てきます。

風邪もひきやすくなるのでご注意を

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

胃に負担をかけると

暴飲暴食はもってのほか。

胃に負担をかけると、自律神経が病んでくる。

特に自律神経系の症状が出ている時は、ちょっとの食べ過ぎで、体調を崩してしまいます。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

朝のほうじ茶の勧め

今話題の小林弘幸先生の自律神経の話で、お腹の調子をよくすることが自律神経の調子を良くするという話。

その中で朝起きたらコップ一杯の水を飲みましょうというのがあります。水の重みで、胃腸を動くようにするのが目的の様です。

でしたら、温かいほうじ茶か、白湯をお勧めします。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

体内時計を合わせる

朝、目が覚めたら光を浴びて、1時間以内に朝食を摂ると体内時計のリセットができる。

地球の自転は実は24時間とちょっと。そのはみ出たちょっとをリセットする方法で、最近の研究で分かってきたという。

これをあいまいにしていると自律神経のバランスが崩れていく。

朝日がつらい、という方蛍光灯でもいいです。

 

朝ご飯無理!という方、液体でなくちょっとの固形物でいいから食べてください。ゼリー状の栄養補助食品とか、シリアルとか、朝がゆとか…

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

春は

我慢のしどころ。

季節の変わり目は色々症状が出たり、変化があります。

特に春はきついです。

ここは我慢のしどころです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ムズムズ

今週は気温が上がり、春めいています。うっかりすると夏の気温になりそうです。

こんな時は、なんだかふくらはぎや、背中などがムズムズする方もいらっしゃるでしょう。

春のせいにしときましょう。自律神経のバランスが整い、強くなればそんなことも少なくなります。

来週は2月下旬くらいの寒さになるそうです。風邪に注意ですね。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円