食欲

長生きで元気な方は

長生きで元気な方は、お肉が好き、と言います。

だったらお肉を食べたら元気で長生きになるかというと、それは違う。

お肉を食べても影響のない胃腸にすることが大事なのである。


食欲減退・冷えに

 

susyouga


水分の取り方

最近熱中症に注意するのに、水分補給を言われています。

気を付けないといけないことは、冷たすぎる水分。とても胃腸に負担をかけるので、摂り方に注意がいるようです。

運動をして汗をかくようなときは、若干冷たいのをぐびぐび行くのが良いが、普段は、常温で、朝からちびちび飲むのがいい。

うっかり注意を忘れがちなのが、果物や夏野菜。夏の果物や野菜は体を冷やします。単独で食べるのはちょっと胃にきついかも。生野菜は温かいスープやほうじ茶の後に、果物は食後に食べるのが良いと思います。


胃に負担をかけると

暴飲暴食はもってのほか。

胃に負担をかけると、自律神経が病んでくる。

特に自律神経系の症状が出ている時は、ちょっとの食べ過ぎで、体調を崩してしまいます。


食欲な~い

暑いですね。夏ですね。

妻は「毛穴パッカーン」って言ってます。

朝食欲がない方には、お粥、ウィダーインゼリーのような食品をお勧めしていますが、最近これもいいなと思っているのが、

甘酒です。最近は冷やし甘酒というのがお目見えしています。

もともとは夏の季語で、食欲が落ちる時に食べてたんでしょうね。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円