腰痛

姿勢がいいとは

上半身に意識を置くのではなく、下半身に意識を置くのです。

おへその下に意識を置き、足の母指球に体重をかける。

ほら、自然に胸が張ってくるでしょう?

無理やり猫背をどうにかしようと胸をそらして背中を縮めたりしない。苦しいだけです。さらに背骨に負担がかかるだけです。

この姿勢を心がけていたら、肩こり、腰痛、ひざ痛が楽になった、便秘が解消した、という方がいたらご一報ください。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

変形と痛み

ひどい膝の変形のある方に「痛いですか?」と尋ねると「痛みはもうない」と言われました。

そうなんです。変形してるからと言って痛いのではなく、変形していく最中が痛いのです。

ですから、「ここの骨が変形しているから痛いんです」とは一概には言えない。神経痛かもしれないし、筋などの組織を痛めているかもしれない。

最近は、慢性の肩こりや痛み、慢性の腰痛、片頭痛などは自律神経の乱れから来るものが多いと言われている。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

春めいてくると…

立春ですね。豆まきはしましたか?

我が家ではひそかに豆まきをしました。妻は「鬼は~外、福は~口」と言いながら豆を食していました。

それはさておき・・・・春めいてくると、気温がくっと上がる日が出てきます。こんな時はなんだかいろんなものが緩んで、例えば腰が痛くなったり、抜けそうになったり、熱がこもって口や鼻の下に単純ヘルペスを作ったり、あたったんじゃないか?と思えるくらい、胃が気持ち悪くなったりします。

そんな時はあわてず、でも油断せず、治療しに来てください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

猫背。

「猫背だと胃が悪くなるんですよね?」と患者さんから言われました。

もともと人も動物なので猫背なんです。その姿勢が一番楽なんですね。背骨や腰にも、仰向きより横を向いて丸く寝る方が楽なんです。さらに病気になるともっと楽な姿勢を取りたくなります。胃が痛い人が、胸を張って「胃がつらいんだ~」とはならない。丸くなりますね。

姿勢が病気を作るのではなく、病気が姿勢を作るといった方が正しいんではないかと思います。

だから病気が治っていくと姿勢もよくなってくる。病的猫背から、自然猫背に・・・

ちなみに美しく見せたいなら、背中や腰を伸ばす(反る)のは不自然なので、やめておいた方がいい。で、おへその下に意識を置いて立位でいると、自然と胸が張れるので、案外背骨や腰も楽ちんで、いい感じの姿勢が取れます。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

面白芸術

1098461_551172451616561_469428883_n

題名:さ~だっこ~

ギャラリーくすくすというところのパロディーな作品ですが、この姿で、抱っこはいけません。ぎっくり腰の元です。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

腰ベルト

久しぶりのブログです。あ~なんだか忙しい。

さて、腰ベルトは、下腹を上げるようにつける。お勧めは幅10cm位のメッシュタイプです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

かんじんかなめ。

かんじんかなめは、肝、腎、要(腰)だと思っています。

東洋医学で言う肝が弱ると目に症状が出たり、

東洋医学で言う腎が弱ると耳に症状がでます。

ここに症状が出るのは非常に危険。気を付けなければならない。

もう一つの「要」という文字が入った『腰』は、肝、腎、の症状が出る前に大事にしないといけない。

腰が弱ると膝などにも症状が出ますし、さらに内臓にも影響を及ぼすからです。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

朝起きた時、腰が痛い。

夜寝ている間は、血液は内臓(東洋医学で言うところの「陰」)修復のために、骨肉より内臓に集まるため、朝起きた時に、なんだか腰や、肩や関節の動きが悪い、または痛い。血気盛んな若者は「なにそれ?」というかもしれないが、中高年、あるいは出産後の方などその経験があると思う。特に腰に感じるのを、「寝腰」というのだ。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

たった30秒のストレッチ

腰痛がそこそこ痛みが治まってきたら、30秒の腰のストレッチを勧めます。お風呂上りに寝転がり、膝を抱えて30秒。これだけ。たったこれだけを毎日しているとすごく予防になります。朝はあかんで。朝風呂の後ならいいけどね。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円