糖尿病

細胞が元気でないと血糖値は下がらない。

皆さん、インシュリンが血糖値を下げてると思ってるでしょ。インシュリンは「血糖が上がってきたから君たち下げるようにはたきなさい」・・・という係なんです。で、君たち…というのが各細胞のことで、細胞が糖を脂肪に変えて蓄えたり、グリコーゲンにして肝臓に貯蔵したりするわけ。だから、インシュリンを注射しても、各細胞が元気でないと、効き目がない、血糖値が下がらないということになります。


太る体質を作らない食べ方。

ニュースレターを作ることになりました。vol1は紹介編でしたが次は患者様たちのお役に立とうということで、

「太る体質を作らない食べ方」を書きました。

それは、「インシュリンを一気に出さない食べ方」です。


BMI ふつう未満の人が危ない

BMIふつう未満って何?標準体重がBMI22と言われています。例えば身長160㎝の人なら、1.6×1.6×22=56.32㎏が標準というわけ。ですからそれ未満の人が「やばい」のです。

何がどう「やばい」か。

70歳以上の人で、標準、太り気味、肥満の方の死亡率はやや同じ、に対して、標準未満の人(やせ気味)は急激に死亡率が上がる、というデーターが最近出たと知り合いの医師から聞きました。

つまり70歳くらいまでは「メタボ」を気にして標準を維持し、70歳を超えたあたりから、痩せてはいけない(ちょっとくらい太ってもいい)、痩せている人は標準を目指して健康づくりをしないといけない。ということです。


間食(おやつ)は太る体質を作る

おやつを食べて太らない人は、食べた後マラソンする人と、アインシュタインさんくらい脳を使う人でしょう。我々のように一般的な人は、間食の癖をつけると絶対太ります。カロリーも多いですし、先日書きましたインシュリンどばーの法則通りだからです。


太らない体質とインシュリンとキャベツの関係

インシュリンが急にどばーと出る食事の仕方が、太る体質を作る1つの要因です。つまり、炭水化物であるご飯や麺類、パンなどをはじめに食べると、血糖値がぐんと上がるためインシュリンがどばーと出てきます。

ということで先に野菜を食べて、じんわりインシュリンが出る形にするのがいいそうです。野菜を先に食べるだけでも、ご飯の入り方が違いますしね。お腹が少し膨れた時の食べ物の口への運び方とか。

そういえば糖尿病専門の吉田俊彦先生も「キャベツダイエット」という本を出版してました。まずキャベツサラダボールてんこ盛りを食す。


血の中の糖分

血の中の糖分、つまり血糖といいますが、血管の中の糖分は、血管壁を傷めます。糖尿病が進むと、合併症が出てくるのも合点がいきます。足先が壊死してくるのもわかりますね。糖尿病がないからと言って、血糖値を甘く見ていてはいけない、ということです。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円