東洋医学

春めいたら

春めいたら、いろんな所が緩んできます。

粘膜系はもちろん、関節系も緩~くなってきます。

頭がぼんやりしてきたり、鼻炎も出やすいし、ぎっくり腰にもなりやすい。

のぼせ易いし、口角あたりに単純ヘルペスとか出てきたり、

かと思えば冬に逆戻りして、風邪をひく。

養生論では、春は、束ねた髪を解放し、ゆったりとした服装で、身体をのびのびと動かす。云々

とありますが、冬と春のこのきわきわの過ごし方はちょっと難しい。


加減が大事

汗を出すことは発散することなので東洋医学的には、気の流れが良くなるということです。鍼の効果はこれにあたります。

しかし発散するということは、気(エネルギーのことで精気のこと)が抜けることにもなりますから過ぎるとだるくなったりします。

長くお風呂に入って湯あたりするのはこれですね。体が弱っている時は鍼にもあたることがあります。

その場合には、先に気を補っておく必要があります。これを補気といい、お灸(温かい)が補気にはいいですね。

あたり加減と言いますか、軽くあたった方が効果としてはあるわけで、あたり過ぎないようにしていくのが、いい加減。

精気の少ない人の治療も運動も入浴もその加減がちょっと難しい。

有りあまってる人は抜くとすっきりします。

 


自律神経にダイレクト

自律神経の治療でダイレクトに効くのは鍼灸だけ!と、僕は思っています。


病気のなり方治り方。

何回かブログには書いているのですが、病気というのは概ね、

病気になる時は外から中へ、治る時は中から外へ症状が移りながら治っていく。

例えば、「肩凝りが最近なくなって楽だわ~でも胃痛がね~」と病が中へ入り、治療していくうち、「吐き気がなくなってきたけど、あちこちが痛くって、肩とか、頭痛とか…」という表現になっていくんですね。

1つ言えるのは、何でも『焦らないこと』です。


春に向けて今養生(冬の養生)

夜は早く寝、朝はゆっくりと起き、日の出日没に伴って起居すべきである。

欲望を潜めながら、すでに遂げたような満足感をも保つ。

体内の陽気を洩らさないように、寒い刺激を避け、体を暖かく包む。

養生法に則した人は、自然の変化に順応できるので、気候が狂っても、病気にはかからない。

病のある人は、養生と治療をし、昨年の春より健康に近づけておくべきである。


水を飲め飲めという人もいるけど…

民間療法みたいなこととか、案外病院でも、(熱中症は別ですが)水を必要以上に飲め飲めという人がいますが、人によりますので注意してください。

飲みすぎて体を冷やしてしまう人もいるわけです。胃腸を壊す人もいるわけです。ましてや平熱が35℃台の人も増えてきています。さらに冷やしてどうすんねん。(もっと患者さんを診てほしいという残念な気持ち)

東洋医学には『水毒』という概念があります。


自律神経の改善(全体と部分)

腹式呼吸や、運動をして、自律神経全体が強くなってきていても、自分の弱い部分の自律神経が持ち上がってこないことは良くあります。

例えば腹式呼吸は副交感神経を持ち上げやすい呼吸法ですので、人前に出てもドキドキしなくなったとか、寝起きが楽になったとかあっても、自分の一番弱い、胃腸の調子だけが何となく持ち上がってこない。

そんな時ダイレクトに鍛えてあげれるのが、東洋医学鍼灸なんです。


口が苦い(にがい)

口が苦いのは胃が悪いとよく聞きますが、

実はどちらかというと「肩こり」で苦くなることが割かし多いように思います。

ハイ。


気とは

東洋医学では「気」という概念があります。

これは西洋医学の言葉で言うと「自律神経」です。

もう一つの概念では「エネルギー」と言ってよいでしょう。

1つの名称で2つの意味、これだから東洋医学はややこしい。

ということで、「病は気から」は「病は自律神経から」と言っても過言ではないです。


薬のさじ加減と医師との信頼関係

東洋医学の鍼灸で治療を受けておられる方はわかると思いますが、

病が治って、できれば薬にも、最終的のは鍼灸にも頼らないようになって頂くように治療をしています。

ですので治っていく過程で薬が減っていくのは自然なことです。

薬も実は体が弱っていると効きが悪く、治っていく過程で元気が少しずつついてくると効きがよくなってきます。ですからそのまま分量や種類などを変えずに続けていると、効きすぎて反対に副作用的な症状が出てきたりします。ここで医師との相談が必要になります。

医師に薬のさじ加減をしてもらわないといけません。

何でも話せるホームドクターを持ってください。

機嫌を損ねたらどうしよう…と患者側が思っているならその医師は止めた方がいいです。

近所に、まさにさじ加減をしてくれるドクターがいました。自分でゴリゴリして袋に詰めて、「治ってもまだ薬が余ってしまったらもってきて。いつまでも古いのを持ってる必要はないからね」と回収もしてくれます。残念ながら昨年引退をされましたが、最後まで忙しいドクターでした。

 


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円