神経痛

姿勢がいいとは

上半身に意識を置くのではなく、下半身に意識を置くのです。

おへその下に意識を置き、足の母指球に体重をかける。

ほら、自然に胸が張ってくるでしょう?

無理やり猫背をどうにかしようと胸をそらして背中を縮めたりしない。苦しいだけです。さらに背骨に負担がかかるだけです。

この姿勢を心がけていたら、肩こり、腰痛、ひざ痛が楽になった、便秘が解消した、という方がいたらご一報ください。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

神経痛ってそこをさすっても・・・

神経痛と言うのは痛いところが悪いわけではないことが多いです。

しかしながら痛みの出ているところをさすったり冷やしたり温めたりしたくなるんですね。でもそこが悪いわけではないのでうっかりすると、そこを痛めて炎症を起こすことになるかもしれません。

そうなるともう痛くて痛くてたまりません。痛みの大本も治らないうちに新たな痛み。日常生活もつらいですね。

痛みが出たら自分で何とかしようと思わずに専門家に診てもらいましょう。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

春めいてくると…

立春ですね。豆まきはしましたか?

我が家ではひそかに豆まきをしました。妻は「鬼は~外、福は~口」と言いながら豆を食していました。

それはさておき・・・・春めいてくると、気温がくっと上がる日が出てきます。こんな時はなんだかいろんなものが緩んで、例えば腰が痛くなったり、抜けそうになったり、熱がこもって口や鼻の下に単純ヘルペスを作ったり、あたったんじゃないか?と思えるくらい、胃が気持ち悪くなったりします。

そんな時はあわてず、でも油断せず、治療しに来てください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

坐骨神経痛でも、お灸のすすめ

弱った人、歳を取った人ほど、お灸が効きます。

24年鍼灸に携わってきて心の底から実感します。

患者さんも、鍼灸師も鍼をしてほしいと思っているし、鍼を打ちたいと思ってしまいますが、そこを我慢して、弱った人、歳を取った人ほど、お灸をすべきです。

例えば、普段から腰痛や坐骨神経痛があったが温泉に行ってマッサージを受けたら次の日から立てなくなったときでも、そこからお灸治療を鍼灸院ですれば、持ち直すことが可能な人もいます。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

腰ベルト

久しぶりのブログです。あ~なんだか忙しい。

さて、腰ベルトは、下腹を上げるようにつける。お勧めは幅10cm位のメッシュタイプです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

神経痛は、痛いだけじゃない

神経痛って電気が走る、ピリピリするという症状だけではないんですよ。

しびれる、突っ張る、筋肉痛みたい、熱い、冷たいなどの症状があります。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

神経麻痺、神経痛と扇風機

体や顔に直接扇風機などの風を当ててはいけない。もちろん風だけが原因で、神経麻痺や神経痛になるわけではないですが、誘因の1つになりえます。

リスク回避として扇風機はあっちゃに向けて回すべし。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

こんなに変形してるのに痛くないんですか?

変形しているから痛いのではなく、痛いままにして炎症を治さないので、軟骨が破壊されて、変形するんです。痛みの原因は骨自体でなく炎症をほったらかしにしているためです。

炎症が治まって、変形もそれ以上進まなくなった患者さんの膝は曲がったままですが、痛みはないんです。僕が若い時は「こんなに変形しているのに、痛くないなんて、どういうことだ?」と疑問に思ったものでした。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

神経痛かも。体は叩かない!

すっごく元気で健康ですか?

え?ちょっと疲れやすい?

じゃあ、体は叩かない!

昔のテレビのように、たたいたら治る…というようなことはないです。

肩や腰、おしりをたたくと気持ちいいのはわかりますが、

体は精密機械です。

叩いちゃだめだめ。

さすってあげるのがせいぜいです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円