温める

睡眠に関する厚労省の健康づくりのための睡眠指針

あたりまえだが見逃しやすいことが書いてあります。ぜひ読んでください。感動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf

 

 

 

6ー②で

 

 

 

結果として 寝床内で身体近傍の温度が 33℃前後になっていれば、睡眠の質的低下はみられない、とあります。

 

 

寝る前に部屋を暖かくして、エアコンの機種にもよりますが、21~23度に設定をして、室温を17度くらいにしておくといいと思います。乾燥が気になる方は加湿もしてください。


柿が色づく頃は医者が青くなる・・はず

本来秋というのは体が調子よくなる季節です。ですので、「柿が色づく頃は医者が青くなる」と言われています。

ところが最近は気温がちょっとおかしい時があり、寒さに近づくと思いきやちょっと温かったりと、春っぽい気温になってみたりすると、調子を崩してしまいます。風邪をひいたり、ちょっとめまいがでたり・・・

服や部屋の温度管理が大事になってくるかもしれませんね。

自律神経がしっかり強い人はそうでもないんでしょうが・・・


寝てる時も暖房を

とても寒くなりましたね。温かいお正月を経験した後の寒さなので身にしみます。

張った氷をあまりみませんので、昨年より温かいのでしょうが、温かさの後の急激な寒さです。体調を崩しやすいです。

夜寝ている時は部屋の温度が16~18℃くらいに保たれるように暖房をしたまま寝ています。エアコンですので加湿器と、天井近くに小さな扇風機をかけています。

寝起きが全然違います。起きやすいです。

光熱費と医療費、どっちにお金をかけますか?


流行ってる

「お灸女子」が流行ってる。

女子というのは、本当に自分の身体を思っています。

積極的に何がいいかをわかる仕組みになっているのでしょうね。

流行りで終わらずに、静かにずっと続けてほしいです。

 


頭寒足熱と湯船

自律神経のバランスを整えるのに必要な生活習慣の1つです。

頭寒足熱。

頭辺りを涼しく、腰から下は暖かくする。

のぼせやすい人も冷え性の人も、血行が悪い人も、これを心がけてください。

湯船につかるのは、頭寒足熱の理にかなっています。シャワーでは足元、腰は温もりません。水圧の効果も言われてきています。夏でも週に3回くらいは湯船につかって下さい。


生活習慣の改善は

前回、自律神経を整えるのが健康に良いと書きました。

そのためには生活習慣を整えることも大事です。

その中でも治療の効果を上げるのが「睡眠」です。

いくらお薬を服用しても、鍼灸治療をしても、おうちでのお腹温めでも、これが不足していると、効果は落ちます。

かならずぼくは患者さんに睡眠と便のことを聞きます。大事なことだからです。

夜更かしはいけませんね。

不眠症についてはまたいづれ・・・


温める・・・カイロでいいの?

体は暖かいほうがいいですね。体温も36.5以上はほしいところです。

じゃあ、カイロで温めておきます・・・と言ってずっと同じ場所に1日中貼っておくのもいけません。

ずっと同じ場所に同じ刺激を与えていると、刺激過剰になって体に悪いです。

じゃあどうすればいいか・・・

腰に2時間おなかに2時間。とか、背中に2時間腰に2時間。とか、

私がおすすめなのは、お灸や、アズキのちから(キリバイ)です。

刺激がずっとじゃないのでいいです。

温めるのにも、「めり」「はり」をつけましょう。


お腹を冷やすと狂う

冷たい物のとりすぎで、お腹を冷やしてはいけません。自律神経が狂ったり弱くなります。またはそのきっかけに成り得ます。水分やミネラルのとり方は「熱中症」を参考にしてください。


クーラー病

スーパーの店内は寒い。だからさっさと買い物を済ませようと、これと決めて買いに行きます。

しかし、意外に自分の家では寒いという感覚がマヒします。

28度の室温に長い間いると結構体は芯まで冷えているのですね。

とはいえ、熱中症にならないように30度を超えてもいけません。

さてどうしますか?

ドカッと汗をかくような運動をしない日は、ぜひゆっくりとお風呂に浸かってください。

芯までじっくり温まってください。

この暑い夏でも週に2~3回はじっくり入るようにして疲れを出しましょう。

そうするとこの秋は夏バテ知らず、元気モリモリ、おいしい秋の味覚を楽しめるってことです。


それは体質ではありません

生まれた時からあるからと言って、それが体質で、どうしようもないものではありません。

例えば「食べたらすぐ大便をしにトイレに行く。」これはお通じがいいのではなく、自律神経が弱く、どちらかというとおなかが弱いのです。

東洋医学的に診れば、すでに病にかかっています。

食べたらおなかが痛くなったり、トイレに行きたくなるようだったら、

すぐにでも毎日おなかを温めましょう。

おすすめはお灸ですが、とりあえず「アズキのちから」で1日に1~2回温めましょう。

あなたのお子さんはどうですか?受け継いでいるようなら今のうちにおなかを強くしてあげましょう。

そのままほっておくと、自律神経の弱いまま大きくなります。

そうすると…究極・・・うつ・・なんてことに成りかねません。

丈夫に、元気に学校・職場に行ってほしいですからね。さあ温めてあげてください。

「もう私50超えてるし…おそいかも・・・」と思っているあなた!

全然遅くないです。いくつになっても健康になる力はあります。さあ温めてください。

それでも不安なら僕に相談してくださいね。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円