内科系

インフルエンザ

インフルエンザで、学級閉鎖の連絡がありました。

流行ってますね。とにかく睡眠と、手洗いもみ洗い2回がグンとウィルスや細菌を減らすそうです。

https://www.youtube.com/watch?v=z1OV4gLt14c


鼻炎ですか?風邪ですか?

あっついですね。関西は湿気てますし。

屋外とエアコンの効いた屋内では相当の温度差があります。

さらに、外に2分いればほぼ汗だくですね。

温度差に反応した鼻炎ではなく風邪をひいてるかもしれませんよ。

汗をふく習慣を身につけなくては・・・と思う今日この頃です。


喉から咳の風邪

2週間ほど前から風邪が流行っています。

みなさん同じようなことを言ってます。

まず喉がひりっと痛くなり、最後咳が続く。

電気屋さんの回し者ではないですが、空気清浄機はこの先も必需品になって来るでしょうね。

もちろん負けない体づくりが一番ですが、空気の色々な問題もありますし…


風邪になるのは免疫力が落ちているから

風邪になるのは免疫力が落ちているから。というのは至極あたりまえと思っているにもかかわらず、菌や、ウィルスのせいにしてしまうのはおかしな話です。

菌も、ウィルスもそこらじゅうにいるのに、風邪を引いてる人、引いてない人、水虫になっている人、なっていない人がいます。

つまり菌やウィルスが悪いのではなく、なってしまう人間側の免疫力低下が悪いのです。

だから、免疫力が落ちないようにするのが一番です。免疫力が落ちるのは自律神経の乱れが原因。ちょっとした肩こりも引き金になるので侮らないでください。(あなどらない)


透析患者にならないように前段階で指導

透析施設で働いている友達からの又聞きで申し訳ないですが、透析学会に行った看護師さんから聞いたところ、市全体の病院で(市の取り組みだと思いますが)透析患者になる前段階の人たち、すなわち糖尿病を持ってる方や高血圧の方などに、徹底して生活習慣の改善指導を行い、また、透析患者さんにも、水分などのコントロールや、生活習慣の改善の指導を行った結果、薬が減ったということでした。市としては、市民がならなくていい病気にならないうえ、医療費が減り、一石二鳥です。三鳥、四鳥にもなるかもしれませんね。


間食(おやつ)は太る体質を作る

おやつを食べて太らない人は、食べた後マラソンする人と、アインシュタインさんくらい脳を使う人でしょう。我々のように一般的な人は、間食の癖をつけると絶対太ります。カロリーも多いですし、先日書きましたインシュリンどばーの法則通りだからです。


太らない体質とインシュリンとキャベツの関係

インシュリンが急にどばーと出る食事の仕方が、太る体質を作る1つの要因です。つまり、炭水化物であるご飯や麺類、パンなどをはじめに食べると、血糖値がぐんと上がるためインシュリンがどばーと出てきます。

ということで先に野菜を食べて、じんわりインシュリンが出る形にするのがいいそうです。野菜を先に食べるだけでも、ご飯の入り方が違いますしね。お腹が少し膨れた時の食べ物の口への運び方とか。

そういえば糖尿病専門の吉田俊彦先生も「キャベツダイエット」という本を出版してました。まずキャベツサラダボールてんこ盛りを食す。


血の中の糖分

血の中の糖分、つまり血糖といいますが、血管の中の糖分は、血管壁を傷めます。糖尿病が進むと、合併症が出てくるのも合点がいきます。足先が壊死してくるのもわかりますね。糖尿病がないからと言って、血糖値を甘く見ていてはいけない、ということです。


温める・・・カイロでいいの?

体は暖かいほうがいいですね。体温も36.5以上はほしいところです。

じゃあ、カイロで温めておきます・・・と言ってずっと同じ場所に1日中貼っておくのもいけません。

ずっと同じ場所に同じ刺激を与えていると、刺激過剰になって体に悪いです。

じゃあどうすればいいか・・・

腰に2時間おなかに2時間。とか、背中に2時間腰に2時間。とか、

私がおすすめなのは、お灸や、アズキのちから(キリバイ)です。

刺激がずっとじゃないのでいいです。

温めるのにも、「めり」「はり」をつけましょう。


内臓を休めるには、早く寝なさい!

五臓を休めることができるのは夜寝ているときです。夜10時から2時のうち2時間はぐっすり眠りましょう。つまり今日中には夢の中にいないと。そうこうしているうちに、大変なことになるかもしれませんよ。

「そんなこと言ったって、家に帰りつくのが11時だし」という声が聞こえてきそうですね。そんな企業を許している国が悪いのか!「自己責任」で納められる状態ではなくなってきているのではないかと思う今日この頃です・・・・・若者のことが心配です。

五臓とは、心臓、肺臓、腎臓、肝臓、膵臓です。これらが病気になるのは恐ろしい話です。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円