胃腸

食欲減退・冷えに

 

susyouga

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

元気な人は食べろという

病気の人に、食べないと元気でないわよ!という人は、元気な人です。人のことなどわかっちゃくれません。

食べたくない、食べれない、おなかはすくのに食事を見たら気持ち悪くなる、食べたら体調が落ちるなどを訴える時は、消化にエネルギーを使えない状態です。

消化の良い物、栄養ゼリーなどで胃腸に負担をかけない方がいいです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

春めいてくると…

立春ですね。豆まきはしましたか?

我が家ではひそかに豆まきをしました。妻は「鬼は~外、福は~口」と言いながら豆を食していました。

それはさておき・・・・春めいてくると、気温がくっと上がる日が出てきます。こんな時はなんだかいろんなものが緩んで、例えば腰が痛くなったり、抜けそうになったり、熱がこもって口や鼻の下に単純ヘルペスを作ったり、あたったんじゃないか?と思えるくらい、胃が気持ち悪くなったりします。

そんな時はあわてず、でも油断せず、治療しに来てください。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

胃と腸の調子どうですか?

患者さんで、パニック障害や、不安神経症などの自律神経系の疾患を持っておられる方からよく聞くのは、

「あ~そういえば昔から胃は丈夫じゃなかった」とか「よく昔からトイレに行く子だった」そして「そんなもんだと思ってた」などです。

ですから、胃、腸の調子はどうですか?と聞いてみたわけです。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

今日は納豆の日 7月10日です

腸の中の善玉菌を増やしましょう。

臭いおならは、悪玉菌の発するガスが、ウンチの臭さを吸収して体外に出るために臭いんだそうです。

つまり、ウンチがあっても悪玉菌のガスが少なければ匂いの無いおならになるわけです。

悪玉菌を減らし善玉菌を増やすのがいい。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

エベレストを登頂した三浦雄一郎さんと自律神経

彼は、ステーキを1㎏食べるそうです。食費が大変ですとおくさんは言ってました。それはともかく、これは三浦さんの胃腸がとても強いと言う事です。

そして高~い山を登れる。これは高山病にも強いと言う事でしょう。

この2つでもわかるように彼の自律神経は強靭なのだと推測されます。

うちの元気な患者さんも・・というか元気な大お姉さん、大お兄さんは、「私、肉が好きですねん」って言ってますもんね。

元気なまま年を取っていけるよう胃腸を初め自律神経を強くしていこうと改めて思いました。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

機能性胃腸症と六君子湯

いろいろ調べてみると、機能性胃腸症には六君子湯がいいらしい。

とはいえ、服用したら胃がもたれる、という方も少なくない。

ここが自律神経の悩ましい所である。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

水を飲め飲めという人もいるけど…

民間療法みたいなこととか、案外病院でも、(熱中症は別ですが)水を必要以上に飲め飲めという人がいますが、人によりますので注意してください。

飲みすぎて体を冷やしてしまう人もいるわけです。胃腸を壊す人もいるわけです。ましてや平熱が35℃台の人も増えてきています。さらに冷やしてどうすんねん。(もっと患者さんを診てほしいという残念な気持ち)

東洋医学には『水毒』という概念があります。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

調子がいいから…と思っても、肉はやめときなはれ

胃腸を中心に調子が悪い方が治療をしていくうちに、「今日はいけるかも」と思うことがありますが、ハンバーグであっても、肉は肉。もう大丈夫と太鼓判をもらうまでは、やめときなはれや。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

食べたくない時

元気が出ないのは食べないからだ、食べなさい食べなさい。と元気な人は言いますが、食べれない時は食べない。胃腸を休ませないといけない時かもしれないし、食べれば食べるほど、体調が崩れていくこともある。

どうしてもというなら、おかゆさん、または、ウィダーインゼリー(常温で)

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円