睡眠

ゴールデンタイム、寝る子は育つ

夜10:00~2:00.これがゴールデンタイム。

育つためのホルモンや、病気が治るためのホルモンが良く出る時間帯に寝るのが良い。それがゴールデンタイム。

治療してもこの時間帯にぐっすり寝て頂かないといけません。

元気な大人でも最低2時間はこの時間帯でぐっすり寝ておいたほうが病気になりにくいように思います。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

夜間のクーラー

夜間のクーラーのかけっぱなしは体に悪い、という伝説。

今では、30度を超えるほうが熱中症になるかもしれないし、暑くて途中で起きてしまうのも睡眠によくないので室温27~28度、湿度50%を保つように工夫をするほうがよいと思います。昼も夜もです。

直接体にクーラーの冷気が当たらないように、扇風機を駆使しています。

昨日(7月14日)のように涼しい夜は、クーラーなしでも大丈夫でした。その時々で室温27~28度、湿度50%を保つように工夫をして健康維持を。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

体内時計を狂わせる

夜に活動しすぎてる。

睡眠の質が悪くなっている。

 

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

寝る子は育つ…というのは

寝る子は育つとは、からだだけでなく、神経、特に自律神経も育つのです。

ですから、以前も書きましたが、

小学生は9時、

中学生は10時、

高校生は11時、

大人は12時、

には寝ないといけない…と僕は患者さんに勧めています。

大人も?そうです大人もです。回復は夜寝るときに訪れます。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

良い睡眠のための心得

知人宅で新聞を読ませてもらってたらこんなのを見つけました。

僕も患者さんたちのことを思うと眠れない日がありますが、ここに書いてある心得は心得ています。(睡眠薬は服用したことはありませんし、眠るためにアルコールは飲みません。好きで晩酌はしてます)

docu0160

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

薬を怖がらずに…

自律神経系で来院される方の中には、睡眠薬や、向精神薬などを怖がる方がいます。

長く続けると依存してしまう可能性があるのですが、そんなに怖がらなくても、東洋医学鍼灸を並行して治療していきますので、自然と薬は減ってきます。「少し減らしてもいけそう」というのが判ってくる。そこで医師と相談して減らしていくとよろしい。ですから、相談できる医師を選んでおくのがいい。

風邪薬はず=っと服用し続けませんね。体力が戻り、症状がなくなればやめます。睡眠薬や向精神薬も、体力や、自律神経が戻ったり、強くなれば、風邪薬と同様、やめていけるので怖がらずに…

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

治療の効果が出る人とでない人の差

睡眠時間と睡眠時間帯。

夜寝ないと効果半減以下。

眠れない方は別治療で。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

春はあけぼの~?

春は眠くて仕方がない…とか言う事らしいのですが…

「そんなことないっすよね」という方は年齢問わず結構多い。

平安時代と今の、いろんな要素が違っているのですから、

「時代よね~」と言ってしまうと話が終わってしまします。

自律神経がしっかりしている方は、どんな時も「早起き、早寝」「7時間」なんですね。

 

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

睡眠時間と睡眠時間帯

睡眠時間も大事ですが、睡眠時間帯も大事です。

睡眠時間は7時間くらい、睡眠時間帯は10時~2時。

睡眠時間を確保したいからと言って昼寝をぐっすり2時間取るなどを続けていたり、遅く寝て昼まで寝てしまうとかしていると、自律神経が弱ってくる可能性が大きい。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

睡眠計・・ぐっすり寝てるのは…

179_10_color1

これはオムロンの睡眠計です。僕、風邪を引いた妻、17歳のイケメンで試してみました。以外にも寝ているつもりが寝てなかったり、妻などは風邪を引いて寝苦しかったのか、「ぐっすり」が6時間の計測中9分しかなく、相当次の日は辛かったようです。さすがの17歳はほぼ寝ていましたし、「ぐっすり」も2時間近くありました。風邪を引いても一晩で治ってしまうわけです。自律神経そのものが(交感神経も副交感神経も)強いんだと思います。

Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip

ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円