投稿者のアーカイブ

【6月の診療と休診】

6月22日(月)を休診します。

6月より新患の受付を再開させて頂きます。

新型コロナウイルス対策は引き続き行いながら平常に戻していきます。

生活習慣をが随分と変わってきました。変えていくというのは本当にエネルギーがかかります。(*´з`<

アルコール消毒も回数が増えました。私は、

手洗い→ハンドクリーム→アルコール消毒を心がけています。


【コロナ対策代2段】

①5月末までベッド3台体制で2m間隔を維持。

②患者様も仰向けの時はできるだけマスク着用お願いします。お話は1メートル開けてします。

③シーツはディスポシーツ(使い捨て)使用。

④荷物に余裕のある方には、自分用バスタオルをお持ち頂くようにお願いしています。(1〜2枚)強制ではありません

⑤トイレの使用前の消毒は都度行っていますが、患者様にも便座、レバー、水栓等の使用前消毒をして頂くと良いかと思います。

⑥入退出時に靴を触った後、手のアルコールをシュッシュして下さい


5月とGWの診療と休診

5月は日・月と連休とさせていただきます。

GWは4月29日、5月5・6日の午前を診療します。

GW


玉井医師の新型コロナ対策

※著作権は作成者である玉井道裕医師に帰属しますので、改編(追加、修正、削除)などはしないでください。

IMG-0353IMG-0354IMG-0355IMG-0356IMG-0357IMG-0358IMG-0359IMG-0360IMG-0361IMG-0362IMG-0363IMG-0364IMG-0365IMG-0366IMG-0367IMG-0368IMG-0369IMG-0370IMG-0371IMG-0372IMG-0373IMG-0374IMG-0375


【新型コロナに対する当分の診療について】

 

①ベッド2台体制で診療します。(端と端で換気扇が付いているベッド使用し常時換気)

②当日電話予約での診療(8:30から予約可)

③院内にいない場合は電話を転送していますので、不安があった時は

0727709993

におかけください。LINEでのご相談も受け付けています。

④申し訳ないですが新患の方は当分の間お受け致しかねます。御了承下さいます様お願いします。

⑤患者様にはマスクの使用をお願いしています。

皆様の体調を整えるのも私どもの責務と考えています。しかしながら

4月8日現在、伊丹市居住者感染者は21名で急激に増える可能性もあり、閉院せざるを得ない事態になるかもしれません。その場合はまたお知らせします。


キッチンペーパーで作るマスク

 

image

【材料・1枚分】

①キッチンペーパー 厚手タイプ ・・・ 2枚 (※今回使用サイズ228ミリ×220ミリ) ②紙テープ(サージカルテープ) ※マスキングテープでも可 湿布とか留めるテープ、通気性などを考慮すると 紙か不織布のテープがよい。手で切れるもの。 ③マスクゴム 36~38センチ ・・・ 2本 (※今回はTシャツヤーンという伸縮性のある糸を使用) 女性は36センチ、男性は38センチくらい 使用するゴムの伸縮性によって長さは調整してください。

④ビニールタイ 10~12センチ ・・・ 1本

(※針金のはいったラッピング用のひも) なくてもよいが、アルミホイルで作れる。 アルミホイル12×15センチを 半分に折るを5回繰り返すと 類似のものができる ⑤はさみ(なくてもよい) ⑥ものさし

image

(1)キッチンペーパーを2枚重ねて裏返し、

長辺の下を約1センチ折り、紙テープで留める。

imageimage

(2)上下ひっくり返して、

(1)同様に約1センチ折り 紙テープで留める。 真ん中にビニールタイを置き、もう一度約1センチ折り、 紙テープで留める。

image

(3)上下をテープで留めたら、裏返す。 半分に折って広げて、折り目を付ける。

image

(4)上下ともに折り目に向かって、 さらに半分に折って広げて、折り目を付ける。

image

(5)ビニールタイの方を上にして、(3)(4)で付けた折り目から約1センチずつ蛇腹に折っていく。 3か所を蛇腹に折ると、約9センチになる。

imageimage

(6)再度裏返して、短辺を約1センチ折りテープで留める。 蛇腹部分にものさしを置いて押

さえると、折りやすい。

image

(7)ゴムを置いて約1センチ折り、テープで留める。 反対側も同様に。

 

※鼻にあたる部分の目印として、マスキングテープで 飾ると楽しいかも♪

ゴムは洗って、リサイクルできます。 ゴムをはずして、マスクだけ捨ててください。


当院の新コロナ対策について

①毎日の診療前の術者の検温とアルコールによる院内清掃

②術者のマスクと頻度手指消毒の徹底

③来院者へのアルコール手指消毒の徹底

④治療後の枕のアルコール消毒

⑤常に換気

⑥待合での患者様同士の接触の無い予約体制

⑦術者の規則正しい生活と十分な睡眠

⑧疲れ、ストレスを解消し体調を整えるための鍼灸治療

※お願い

来院の前は家で体温を測り、37度を超えている場合は自宅での経過観察をお願いします。

判断しかねる場合は電話でご相談ください。

 


新コロナ対策と働き方改革~

免疫力維持向上のため睡眠時間確保を決定し、2020年3月16日から受付を以下の通りにします。

月、火、木、金の午後の受付を7:00pmまでとします。

 


新型コロナウィルス

自分の免疫枝力を上げるのが一番なんですが、それはさておき。

感染者と死者ばかり発表してます。これでは片手落ちですね。

感染した人の何パーセントの人が症状が出てなくて、症状の出た人は何日で治ってるか、と言う事も報道すべきですよね。

と思っていたら、その統計を出す、と厚労省が言ってるという報道がありました。来週はもっと国民がほっとする事実を聞けるかもしれません。

 


【3月診療と休診】


3月20日(金)の午前を診療します。後はカレンダー通りです。新型コロナウィルスに限らず、免疫力は高めたいものです。♪手洗い。睡眠。鍼灸~♪でどうでしょうか?元気で桃の節句を迎えたいものです。


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円