睡眠に関する厚労省の健康づくりのための睡眠指針

あたりまえだが見逃しやすいことが書いてあります。ぜひ読んでください。感動します。

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10900000-Kenkoukyoku/0000047221.pdf

 

 

 

6ー②で

 

 

 

結果として 寝床内で身体近傍の温度が 33℃前後になっていれば、睡眠の質的低下はみられない、とあります。

 

 

寝る前に部屋を暖かくして、エアコンの機種にもよりますが、21~23度に設定をして、室温を17度くらいにしておくといいと思います。乾燥が気になる方は加湿もしてください。


寒いです。

12月ですが、1月2月と思って行動してください。と言う事です。

隙間風も入らないように、帽子、手袋、レッグウォーマー、マフラーは必需品です。

タイヤもスタッドレスに変えないといけない地域もあるようです。

くれぐれもお気を付けください。


柿が色づく頃は医者が青くなる・・はず

本来秋というのは体が調子よくなる季節です。ですので、「柿が色づく頃は医者が青くなる」と言われています。

ところが最近は気温がちょっとおかしい時があり、寒さに近づくと思いきやちょっと温かったりと、春っぽい気温になってみたりすると、調子を崩してしまいます。風邪をひいたり、ちょっとめまいがでたり・・・

服や部屋の温度管理が大事になってくるかもしれませんね。

自律神経がしっかり強い人はそうでもないんでしょうが・・・


寒いですね。トイレが近くなってきましたか?

 

【柔らかぼうこうお尻体操の方法】

1. 5秒間お尻の穴を締めたあと、ゆっくり緩める。

2. 1を1日合計20回行う

clip_image002

※少しずつでも毎日続けると効果があります

※4週間で多くの人に効果が現れます。3か月で症状の改善が期待できます。
※上の3つのポーズで行うとより効果的です。

【オシッコトレーニングの方法】

1. いつでもトイレに行くことができる家などで行う

2. 尿意がきたらまずは5分。次に10分というように少しずつ我慢する時間をのばす。

※目標は、「トイレは、前のトイレから2時間以上たってから」。
※我慢するとき、お尻体操をすると尿意が紛れます。
※すでに泌尿器科の治療を受けている方は医師と相談して下さい。

                                    ためしてガッテンより


更年期障害

NHKの番組で紹介されていました。

婦人科の医師いわく、一番大事なのは、「生活習慣の見直し。」だと言う事。

これはどの病にも言えることです。

!cid_15fb2f2a4c66a449241

 

これは、病院に行ったほうがいいか迷う時のチェックシートです。

25点以下の人は、青信号。上手に更年期を過ごしています。

26〜50点の人は、黄色信号。食事や運動などに注意を払いましょう。

51点以上の人は、赤信号。病院を受診してください。

これはあくまでも目安です。

生活習慣の見直しと、これも言ってました

「自分ファーストで」

 


便の状態はバロメーター

今日たまたま患者様と便の話になりました。

出にくいし、出る時ははじめ硬くて最後はゆるいんです、という事でした。

便秘なんだか下痢なんだか・・・・

腸の動きと、冷え、が主な原因ですが、根本は大腸に行く自律神経の弱りやバランスの崩れ。最近マスコミにもよく出ていらっしゃる小林先生も腸内環境と自律神経のことを書いてらっしゃいます。

便の状態や、出方も健康のバロメーターです。侮れませんよ。


11月の診療と休診

11月3日、23日の午前を診療します。

代休はまた後日にいただきます。


腸内細菌にいてもらう腸内状態が大事

善玉の腸内細菌を入れるだけでは腸内環境が良くなったとは言えません。腸内細菌が良い状態でいてくれるためには、腸内そのものを良い状態にしておくのが良い。

早く言えば、腸に来ている自律神経を整える、強くする、バランスを良くする、と言う事です。


今日のあさイチ(NHK)でもやってました。

http://www.nhk.or.jp/special/sleep/

 

睡眠負債。

急性でないなら、すぐに薬でという前に、生活習慣を正しく行う事から始めなくては。(そういう指導をしてくれるホームドクターがいいですよね)

食事の摂り方や睡眠のとり方などの生活習慣が悪いまま薬に頼っていては、いくらでも薬が増える可能性がある。

 


夏風邪注意

夏バテ、夏風邪がそろそろ流行ってきています。

うつりそうで、ドキドキです。

クーラーの冷たい空気を直接当たらないようにしましょう。

後は睡眠をきっちりとることが大大大事。

つまり、寝る前2時間はスマホをみない。

「ネットフリックス控えよ~っと」(妻曰く)


ごあいさつ
ようこそ。稲野治療院ブログへ。院長の川井文仁です。趣味はテニスです。アルコールも相当いける口ですが、血液検査は自慢できるくらいです。このブログは忙しい僕の代わりに、治療中患者さんと話したことや、お知らせしたいことを妻が編集して書くことがあります。
稲野治療院 情報

〒664-0861
兵庫県伊丹市稲野町4丁目33-2朋友ビル1F
TEL:072-770-9993
FAX:なし
院長:川井文仁

【初診料(税抜)】
2,000円(3ヶ月受診なきときは初診料をいただきます)
【治療費(税抜)】
・大人:3,500円~4,000円
・中高生:3,000円
・小学生:2,000円
・小児はり:1,000円